【麻雀大会】四季王杯 – たけのこの節

2020年5月6日

ルール

orge

 

成績

順位 選手 ポイント
1 119.3
2 バウアーヤマジ 82.0
3 きっしー 55.0
4 ソース 52.2
5 ビリー 39.6
6 ルキア 3.3
7 サイレン ▲10.2
8 RVG ▲11.8
9 こにたん ▲41.8
10 おっしー ▲49.4
11 W近野 ▲98.7
12 リス ▲98.9

 

レポート

5月24日(日)は第9回四季王の開催日。春の部の最終節は、鬼が笑うほどドラの溢れる「赤鬼ルール(赤5各2枚入り)」を使用して大会が行われました。今回は攻撃力の高い11名の選手が揃っただけに、波乱が起こるのは避けられないでしょう。それでは大会のレポートをスタートいたします。

【1回戦】
初戦は近野プロの華麗な打ちまわしによる誤ロン!?のあと、岸野プロが大爆発!!

m3m4m5rp7p7s5rs6 ポンj-ton
ツモs7 ドラp7

赤ドラ効果で東場の6000オールも簡単にあがれてしまいます。
別卓では、バウアーヤマジさんがチンイツドラ1をビリーさんからあがるも、そこからビリーさんが猛烈な反撃を決めて逆転トップ。更にはソースさんとリスさんが大きなプラスでワンツーを決めて、この4名の選手が好調な滑り出しを見せました。

【2回戦】
加点組が集まったソースさん、ビリーさん、リスさん、コニタンさんの卓が熱い!!
順調に得点を重ねたトップ目のリスさんからビリーさんがロン。

p1p2p3p3p5rp9p9p9s4s5s6s8s8
ロンp4 ドラs4p9

本日のビリーさんは裏ドラ王子の名を欲しいままにしています。
続いてソースさんが鬼も震えるほど大きなアガリ。リーチツモピンフドラ5で8000オール。更に4000オールと瞬く間にビリーさんを逆転してしまいました。
おっしーさんは一回戦のラスを払拭するべく奮起します。その卓でぶつかったのがRVGさんときっしーさん。

<RVGさん>
m3m4m5rm6m7m8p8p8s1s2s3s5rs6

<きっしーさん>
m1m2m3m3m4p2p3p4s1s1s2s3s4

どちらも高い手でしたが、ここはRVGさんに軍配が上がりました。
人数合わせで入った近野連合軍は2回戦も2万点を借りる惨敗ぶり。運営のみならず、選手としても見事なご奉仕ぶりを発揮してしまいました。

【3回戦】
ここまでダントツのポイントを稼いでいたソースさんが、きっちりラスに落とされる波乱の展開となりました。ビリーさんと欅さんがここでポイントを伸ばし、いよいよ成績順の対局による最終戦を迎えました。

【最終戦】
上位卓はソースさん、欅さん、ビリーさん、きっしーさん。
1回戦ソースさん。白単騎のチャンタ、欅さんから南単騎のチートイツドラ2と高速のアガリを決めて、まずは大きくリードします。しかし、これを黙って通さないのがビリーさん。

m6m7m8p1p2p3p5rp5rp6p7s9s9s9
ロンp8 裏ドラp5

ソースさんからのロンで、ここでも裏ドラ王子ぶりが炸裂します。ここから圧巻だったのが欅さんの反撃。

p2p3p4p5rp6s3s4s5rs7s8s9j-tonj-ton
ドラj-ton

親のリーチでこの手をアガリ切ったあと、更にはチートイツドラ4で打撃戦を制します。
ここからソースさん8000をアガリ返すも、

m2m3m4m5rm6m7p5p6s4s4s6s7s8
ロンp7 ドラm4

この手をソースさんから綺麗にダマでロン。最終戦のトップを決めて、見事に優勝を果たしました。
別卓ではコニタンさんの悲鳴が聞こえました。

 

j-tonj-tonj-tonj-shaj-hakuj-hakuj-haku ポンp2 ポンp9

バウアーヤマジさんの、地獄待ちの18000点。このトップがきいて、バウアーヤマジさんがトータル2位につけ、3位入賞はきっしーさんとなりました。この結果、春の部総合優勝は、優勝を含む入賞2回の欅さんに決まりました。おめでとうございました。

赤鬼ルールを終えての感想として、最後にこのような言葉を残して終わりたいと思います。
「赤ドラを笑うものは赤ドラに泣く」
みなさま、赤鬼ルールの大会にご参加頂きありがとうございました。

執筆者:近野理智男
2015年06月02日