豊中の健康マージャン

麻雀教室→健康麻雀→競技麻雀を応援!

【2015年】Eager Cup【第4回】

calendar

reload

【2015年】Eager Cup【第4回】

第4回【Eager Cup】の優勝者は岸野功武さん!
おめでとうございます!

大会模様

1504-eager03 1504-eager01 1504-eager-02

レポート

4月26日は梅田菜の花にて、マツオカ株式会社主催、第4回イーガーカップが開催されました。今回も参加選手は定員の40名。これまで全ての大会の開催に満員のご参加を頂けた事を深く感謝いたします。
それでは1回戦の模様からダイジェスト形式で送らせて頂きます。

【1回戦】
4回戦の短期決戦だからこそ、初戦から全力を持って当たるのがイーガーカップの心得です。まずはMCWWの板川和俊プロがカン三万を曲げずにしっかり整えてからリーチのこのアガリ。


ツモ ドラ

同じく坂本健二プロも負けじと手役を決めて、両タイトルホルダーが初戦トップの貫禄を見せつけました。


ツモ ドラ

圧巻だったのが広川宰有さん。親で24000を決めたのが28と場に落としたカン5ソウリーチにドラが4枚乗った!!


ロン

更に上家から4巡目リーチがかかれば守りに入りたくなるものですが、ここから電撃の3フーロ。

   

相手にツモを許したものの、この全力姿勢が好結果を生むという勝負強さを見せてくれました。
別卓では岸野功武プロ、下野雄次プロが場を制して、MCWWプロが全員トップという初戦を迎えました。

【2回戦】
大会の注目はやはり好対決の連続です。一回戦トップの坂本プロと広川さんの直接対決。両者がぶつかるリーチ合戦も坂本プロの2600オールが決まり、これで坂本プロ2連勝と好調な出だしとなりました。
岸野功武プロは、山下貴司さんと激しくぶつかります。ダントツトップの山下貴司さんが放った三万を絶妙に捕らえたのが、このアガリ。

 ポン ポン
ドラ

これで岸野プロがトップの逆転を決めるも、オーラスに粘りを見せるのが強者の麻雀。岸野プロと山下さんが両者テンパイの中、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

 ポン ツモ
ドラ

ここは山下さんの粘り強さが勝負を決め、見事トップを奪還しました。
別卓ではRVGさんが安定した強さで連勝を決め、優勝杯獲得に大きく名乗りを上げました。

【3回戦】
ここでもやはりRVGさんが好調。8000をアガリトップ目に立つと、優位は崩さないのがRVGさんの強さですが、受けた2件リーチにさすがに筋を1枚下ろすと、678の三色で12000点をあがったのが最高位戦の楠橋思プロ。RVGさんも思わず「強いっ」と呟く渾身のアガリを見せました。
南條猛さんは2回戦で国士無双テンパイ。3回戦でもまさかの国士無双テンパイも、惜しくも届かず。平川輝明さんはマイナススタートからの反撃で3回戦で上位に食い込みました。
上位4名の決勝卓は共に121の着順で岸野プロ、広川さん、それに坂本プロと豆腐たおるさんが続く形となりました。

【最終戦】
ポイントは以下の通り

岸野功武221.4
広川宰有213.8
坂本健二196.8
豆腐たおる181.7

順位点は10-30。条件は上位3名がトップですが、豆腐たおるさんも着順次第で優勝が狙える位置につけています。
開局は岸野プロの2000・4000からスタート。東2局は岸野プロを押さえつけるべく全員が前に出る展開に。坂本プロから気合いのこもったリーチが入るも、やはり誰もがおりません。ここで8ピンを仕掛けていた岸野プロが、豆腐たおるさんの出した6ピンをチーしてチンイツのテンパイ。これに捕まったのがリーチ後の坂本プロ。

  ポン
ロン

東3局、親番を迎えた岸野プロの猛攻は止まりません。6巡目のツモで高速の4000オール。


ツモ ドラ

更に岸野プロが親で細かく打点を重ねて、勝負ありかと思わせましたが、このまま終わる決勝メンバーではありませんでした。
東4局は広川さんの絶妙なカンのタイミングで親の4000オール。


ツモ ドラ

この裏ドラ2枚は得点に変化がなかったのが痛い。更に親番が豆腐たおるさんに移ると、今度は6000オール、4000オールと見事な巻き返しをきめました。
オーラス、トップが欲しい豆腐たおるさんと岸野プロの得点差は12700点。豆腐たおるさんは配牌ドラ3の好手で、以下の仕掛けからテンパイまで持ち込みます。

  ポン
ドラ

しかしこれは惜しくも届かず時間切れの流局。こうして第4回イーガーカップの優勝は激しい攻めとアガリを見せた岸野功武プロに決まりました。優勝おめでとうございます。
2位入賞は2番卓から大きく点数を伸ばして大逆転を果たしたsun-villageさん。3位は最後まで岸野プロのトップに追いこんだ豆腐たおるさんに決まりました。

こうして第4回イーガーカップもレベルの高い試合展開に恵まれて、とてもよい試合内容になったと感じました。イーガーカップ自体はこれで一旦終了とさせて頂きますが、5月30日のヴェストワンカップ本戦に進出の16名のみなさまのご活躍を心から応援いたしております。
4ヶ月間、計100名を越える選手のみなさま。ご参加頂き本当にありがとうございました。また、みなさまとお会いできる日を、夫婦ともども楽しみにお待ちしております。

執筆者:近野理智男
2015年05月07日

成績

順位 選手 ポイント
1 岸野功武P 304.8
2 sun-village 259.5
3 豆腐たおる 238.4
4 山下貴司 229.8
5 広川宰有 224.2
6 川崎充晴 210.0
7 平川輝明 198.8
8 RVG 190.8
9 多々羅勝利 185.2
10 Aya 172.3
11 井倉巻 168.0
12 坂本健二P 166.3
13 谷畑謙三 161.6
14 青木周 160.4
15 山舗徹P 154.8
16 井浦晋吾 149.2
17 浅川慎一 139.1
18 倉内崇亘 116.5
19 鳥井ゆうP 116.4
20 まいちぃ 115.1
21 西村哲次郎 112.1
22 リス 100.9
23 駒井康夫 95.4
24 山下高史 92.0
25 mydo 88.5
26 鈴木博彰 83.0
27 アゴウ 80.3
28 礒野康弘 76.6
29 板川和俊P 72.3
30 WIZ 70.5
31 大元 58.0
32 宮村雄大 51.8
33 下野雄次P 49.0
34 楠橋思P 37.5
35 小田尚志 34.2
36 山下加代子 32.8
37 岸村 31.0
38 金井春子 5.3
39 宮崎信一P 0.1
40 南條猛 ▲32.5