【麻雀大会】四季王杯 – すいかの節

2020年5月6日

ルール

suika

 

成績

順位 選手 ポイント
1 リス 248.3
2 RVG 142.9
3 ルキア 94.0
4 おっしー 51.4
5 ビリー 14.1
6 おにぎり ▲14.6
7 Piedra ▲30.4
8 ▲51.7
9 たっきー ▲56.2
10 とらっき ▲61.7
11 岸野功武P ▲90.2
12 清原 ▲205.9

 

レポート

すだちの巣企画【四季王杯】もついにリーグ戦最後となる12節目を迎えました。これまで季節ごとに4種目のルールで戦ってきましたが、ついに4名の代表者が決定いたします。決定戦の最後の切符を誰が手にしたのか?続きはレポートをお楽しみ下さい。

【1回戦】
割れ目(得失点2倍)が移動する「すいか割りdeポン☆」も3回目となると各々が戦い方のコツを理解してきました。
1回戦は暫定王者のたっきーさんとRVGさんの宿命のライバル対決。実はこれまで2連続で表彰台入賞のRVGさん。

「割れ目ルールでの打ち方はズバリ、スピードです。多少打点を落としてでも、他人より先にアガること」
大会後にこう語ってくれたように、今回も素晴らしい活躍を見せて頂きました。

RVGさんがまずはさい先よく3000-6000。これで闘志に火がついたのか、たっきーさんも負けじとスピードあるアガリで、たちまち二人のマッチレースとなりました。
別卓ではおにぎりさんがホンイツのアガリを決めると、以下の手牌から素晴らしい打牌選択をしました。

m4m5m5m6m6p5p6s1s2s3s3s3s6s7

ドラm4

誰もが打点を中心に考える中、スピード優先の五六のターツ外し。これがずばりはまって最速のツモ、割れ目で6000-12000のアガリとなりました。

m4m5m6p5p6s1s2s3s3s3s6s7s8

ツモp4 ドラm4p6

ライバル対決の結果はRVGさんが更に割れ目のアガリを決めて大トップ。やはり、割れ目ルールを制するものが今大会を制すると言えましょう。

【2回戦】
初戦トップのリスさんは四季王杯皆勤賞。最もすだちのイベントルールに精通している選手と言えます。そのリスさんが大物手を決めて6000オール。割れ目が加わるとこれで24000になるのでたまりません。

m4m5p3p4p5s1s2s3s3s4s5j-tonj-ton

ツモm3 ドラp3

RVGさんは2回戦も序盤トップを走りますが、これに対抗したのがルキアさん。12000を直撃するも、割れ目でなかったことが今大会の難しいところです。
最後はスピードのある割れ目リーチの満貫で4000-8000。最速でRVGさんが首位に立ちました。

【3回戦】
ここまでで2連勝はRVGさんとリスさん。ここですいか割りdeポン☆最大の事件が起こりました。
対戦相手は、欅さん、リスさん、おっしーさん、清原さん。
東2局、まだ試合が始まって早々に白と発をポンしただけのリスさんが、2ソウをツモ。これはまさか、まさか。

p3p3s3s4j-chunj-chunj-chun ポンj-haku ポンj-hatsu

ツモs2

まさかの大三元!!で割れ目をかぶったのが親の清原さん。32000支払いで一発飛びとは、本当に割れ目運がありません。三節連続すいか割り賞をゲットした清原さんには、「すいか割られ王」の称号を送らせて頂きます。
リスさんのダントツになんとか追い付きたいRVGさんでしたが、ここはおにぎりさんが奮闘しトップ。最終戦へともつれこみました。

【最終戦】
決勝メンバーは以下の4名に決まりました。

リスさん 230.8
ルキアさん 96.8
RVGさん 96.5
おにぎりさん 46.5

ダントツのリードを抱えるリスさんですが、今回は割れ目ルール。リスさんを箱ラスにして大きなトップを叩けば、まだ逆転劇は残されています。
開幕はルキアさんが割れ目の3900は7800。東2局のリスさんの第1巡目、

p8s1s2s5s6s6s9j-nanj-nanj-hakuj-hakuj-hatsuj-hatsu

ツモs1

今大会はまさにリスさんに風が吹いています。この回はアガリには届きませんでしたが、わき見をせず真っ直ぐハネ満へ向かう姿勢が素晴らしかったです。
割れ目ルールの意地を見せたいRVGさんが以下のテンパイ。

m5m5m6m6m7m8s1s2s3s4s5s6j-hatsuj-hatsu

ドラm8

ここから六万切りリーチで、リスさんから直接点数をとりたい意志が伝わります。これは前に出るしかないおにぎりさんから出て、3900は割れ目で7800点。
このままRVGさんが卓内首位を走りますが、最後はリスさんが得点を守りきり、見事優勝となりました。2位は三連続表彰台、すいか割りMVPのRVGさん、3位は四季王杯初入賞のルキアさんとなりました。おめでとうございました。

総合得点でもたっきーさんを追い抜いて首位に立ち、秋王の座はリスさんが獲得しました。これでついに四季王決定戦の進出者の4名が決まりました。

夏王 バウアーヤマジ
冬王 板川和俊プロ
春王 欅さん
秋王 リスさん

この4名で総合優勝を決定する四季王決定戦を行います。開催日は9月21日(月祝)梅田雀トップ11時スタートとなりますので、こちらもご注目下さい。

執筆者:近野理智男
2015年09月12日